格闘技ごった煮速報

格闘技、プロレスの話題を中心に、トレーニングや格闘技を題材とした漫画、ゲームに関する2chスレッドを紹介するコピペブログです。

                 

    最強・強さ比較議論

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2012/08/19(日) 00:59:06.18 BE:275103533-PLT(12001) ポイント特典
    あいつら足ほそいし

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【人間がギリ勝てる動物って何?キリンくらいならサブミッション極めればいける】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ※格闘技によって目指す方向性は違いますし(絶対的に強くなれる方法を追求するか、
    精神修養等、格闘技を通して得られる副次的なものの獲得を狙いとするか等)
    また、体の使い方が違うだけで、技自体に強弱など無いと思いますが、逆もまた真なり。
    こういう視点で格闘技を考えてみるのも面白いかもしれません。


    1: 名無しさん 2016/10/19(水) 05:41:54.312 ID:gNsCCL3ga
    カポエラ、テコンドー、骨法あたりはガチ

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【世界最弱格闘技決めようぜ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ※南米ブラジルでは1対1の決闘が一つの文化として根付いており、その様な環境の中で
    ブラジリアン柔術は進化、発展をしてきました。
    ブラジリアン柔術がストリートにおいて最強の格闘技かはわかりませんが
    決闘が文化として根付いた国において、寝技に特化した組技が発展した。
    この事は一つの答えを出している様に思います。
    ただ、今もこの状況が続いているかはわかりませんが、警察において殉職率が高いのは
    柔道の有段者だという話を聞いたことがあります。
    慣れている犯罪者などはあえて掴ませてから足などを刃物で刺してしまうとか・・
    その話がどこまで本当かはわかりませんが、相手に密着し、掴まなければ技を
    仕掛けられない組技に対して刃物は極めて有効な武器になりそうです。
    そうなると刃物を持った相手に対しては、一瞬が勝負となる打撃格闘技が有利と
    いえそうであり、ストリート最強の格闘技という事への結論としては、最終的にはやはり
    最強は決められないといった処に落ち着くのではないかなと思います。



    1: 名無しさん 2016/10/17(月) 16:53:54.680 ID:3OJgLU3V0
    ボクシングしかやったことないけど

    寝技のほうが強い?

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【ストリートファイト限定だったら一番強い格闘技ってなんだと思う????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/08/16(火) 14:38:50.98
    とにかく強くなりたい
    自分に自信をつけて不良に絡まれたときも堂々としてたい

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【ボクシングか柔道始めたいんだけど喧嘩ならどっちが強い?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ※以前、格闘技雑誌で鈴木みのる選手がインタビューの中で故カール・ゴッチ氏と地上最強の動物は
    何かと議論を交わした事があるという様な事を話されていました。
    内容は、鈴木選手がマッコウクジラ(この時点で"地上"ではなくなっていますが・・)を推したところ、ゴッチ氏に
    「背後に廻られたら何も出来ない」と否定され、最終的にはゴリラというところで結論がついていました。
    間違いなく生物学的な根拠は一切ない(笑)話ですが、なかなか面白い記事であった事を記憶しています。

    確か2010年ごろから休刊している「紙のプロレスRADICAL」の紙面上だったと思いますが、
    プロレス、格闘技雑誌って一時期に比べると減ったなあとたまに本屋さんに行くと少し寂しくなります。

    1: 名無しさん 2016/08/16(火)00:11:50
    クマの種類は最強のやつで
    やっぱりクマ?

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【ゴリラとクマってガチでやりあったらどっちが勝つの?】の続きを読む

    このページのトップヘ