格闘技ごった煮速報

格闘技、プロレスの話題を中心に、トレーニングや格闘技を題材とした漫画、ゲームに関する2chスレッドを紹介するコピペブログです。

                 

    格闘技・プロレスニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 通りすがりの名無しさん 2016/06/07(火) 20:14:36.07 _USER9
    引退騒動を起こした美人モデルボクサーの高野人母美(28、協栄)が6日、後楽園ホールで、
    元WBA女子スーパーフライ級王者で、東洋太平洋女子バンタム級王者の天海ツナミ(31、
    アルファー)と、2ラウンドのエキシビションマッチ(公開スパー)を行った。引退騒動の余波からか
    練習不足に加えて両者の実力差は顕著で、遊ばれながら一方的に打ち込まれ、まるで
    公開リンチの様相となった。あまりの内容に場内はシーンと静まりかえり、「あと30秒、
    倒されないで!」と、終了間際に懇願するファンの声が飛び交う始末だった。

    昨年、世界初挑戦に失敗した高野は、この日に56キロ契約で韓国の李恵林選手とノンタイトル
    6回戦の再起戦を行う予定だった。だが、先月18日に、その記者会見で「この試合を最後に
    引退する」と衝撃発言。高野流のメディアへのリップサービスだったが、事前に知らされていなかった
    海外出張中の協栄・金平桂一郎会長は、大激怒。金平会長の帰国後、両者は話し合いを行い、
    高野は引退発言を撤回、謝罪した。

    だが、金平会長は「ボクシングへのリスペクトのないボクサーをリングに上げることはできない」と、
    試合中止を決めて、「今後、どうするかを見させてもらう意味で、ペナルティのエキシビションを行う」と、
    国内でもトップの実力を持つ天海ツナミとのヘッドギアを着用しての2分2ラウンドのエキシビしョンマッチを
    指令していた。格好の禊の舞台のはずだが、フタを開けると、高野はジャブを数発打つだけで息切れし、
    パンチに威力もスピードもなし。ノーガードでパンチを見切った天海に、試合ならばKOパンチになっていた
    強烈な右フックやボディなどを、あしらうように打たれ続けた。2ラウンドには、高野の不得意な
    インサイドの距離にノーガードで入られ、ほとんどすべてのパンチをダッキングとウエービングだけで
    外され、遠慮気味に手加減されたパンチを一方的に浴び続けた。

    スパー後、高野は、リング上でマイクを使い、「このたびはいろいろとご迷惑をおかけして
    申し訳ありませんでした」とファンに謝罪した、控え室に帰っても目がうつろで、「リングで
    話ししようと考えていたことが飛んでしまっていました。まだまだ反応も何もできていません。
    緊張して練習でやってきたことを何ひとつ出せませんでした。申し訳ないという気持ちと
    悔しいという気持ちです」と、言葉も少なかった。

    引退を撤回する気持ちに変わりがないのか?と聞くと、力強く「ハイ」とうなづくこともなく、
    「東洋チャンピオンになってたった1年なのに、不用意な発言で、本当にご迷惑をおかけしました」と
    答えた。

    このエキシビションと、今後の練習態度を見て、「今後、どうするかを決める」と語っていた
    金平会長も、「ノーコメント」と、口にチャック。現役引退は撤回したが、この日の内容では、
    今後の予定が白紙のままになるにも無理はない。
    リングを降りる際に、ファンから「引退しないで!」と声援が飛び、高野が手を振って応じた
    シーンが印象的ではあったが、世界再挑戦をするための説得力を、そのファイトから
    感じ取ることはできなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00000003-wordleafs-fight

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【ボクシング】制裁エキシビション?! 引退騒動の高野人母美、一方的に打ち込まれる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 通りすがりの名無しさん 2016/06/07(火) 16:55:30.05 _USER9
    日本の女子プロレスラー、ミス・モンゴル(年齢非公表)=FMW=が7日、都内のFMW事務所で記者会見を開き、
    21日に後楽園ホール大会で行われる、ダンプ松本(55)=極悪同盟=とのシングルマッチを、
    ノーロープ有刺鉄線デスマッチの決着戦になることを発表した。

     女子による同形式のデスマッチは97年以来19年ぶりとなる。モンゴルは、師匠で有刺鉄線デスマッチの“開祖
    ”大仁田厚(58)に許可を得て、決戦にこぎつけた。「(連敗中のダンプとは)3度目の正直で、完全決着をつけたい。
    個人で戦うより、FMWを背負って戦う」と意気込んだ。会見に姿を見せたダンプは「負けたらモンゴル軍解散、
    極悪入りだからな」と竹刀をたたきつけ、早々に退散。立会人として列席予定だった大仁田も欠席。
    両レジェンドから会見の主役をモンゴルに託された形となった。

     この後楽園大会では、大仁田のFMW軍と、船木誠勝(47)のUWF軍によるノーロープ有刺鉄線デスマッチによる
    全面対抗戦が3試合組まれており、5試合中、4試合が同デスマッチに決まった。モンゴルはダンプだけではなく、
    師匠の戦いぶりとも比べられることになり、世代交代への大一番となる。

    スポーツ報知 6月7日(火)16時3分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160607-00000103-sph-spo
    画像 女子では19年ぶりのノーロープ有刺鉄線デスマッチに挑むミス・モンゴル
    no title

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【プロレス】ミス・モンゴル、ダンプ松本とのシングル対決はノーロープ有刺鉄線デスマッチ 負ければ極悪同盟入り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 通りすがりの名無しさん 2016/06/08(水) 05:26:52.23 _USER9
    2016年06月07日

    今月3日に74歳で亡くなった元プロボクシング世界ヘビー級王者のモハメド・アリさんの追悼番組
    「モハメド・アリ緊急追悼番組 蘇る伝説の死闘『猪木vsアリ』」(テレビ朝日系)が
    12日午後8時58分から約2時間にわたって放送されることが7日、明らかになった。

    アリさんの激動の人生を紹介するとともに、アントニオ猪木さんとの“世紀の一戦”を放送。
    秘蔵映像も公開され、猪木さんと当時の関係者が知られざる感動秘話を激白する。

    「アントニオ猪木vsモハメド・アリ」は1976年6月26日に行われ、土曜日昼間の放送にもかかわらず、
    38.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率を記録。
    3分×15ラウンドの戦いは引き分けに終わり、当時は“世紀の凡戦”と非難されたものの、
    最近では“すさまじい名勝負”と評価が変わっている。

    番組では歴史に残る猪木VSアリの大一番、全15ラウンドの全貌を公開。
    試合を中継した同局に保存されていた秘蔵映像も紹介される。

    20世紀を代表する“ザ・グレーテスト”モハメド・アリの偉大なる足跡を振り返りつつ、
    その心揺さぶる人間ドラマに迫る「モハメド・アリ緊急追悼番組 蘇る伝説の死闘『猪木vsアリ』」は
    12日午後8時58分~11時10分に放送予定。


    no title

    http://mantan-web.jp/2016/06/07/20160607dog00m200020000c.html


    前スレ(★1=2016/06/07(火) 19:08:27.40)
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1465294107/

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【テレビ】モハメド・アリさん:猪木との“世紀の一戦”を緊急放送 テレ朝が追悼特番で感動秘話も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 通りすがりの名無しさん 2016/06/08(水) 01:18:19.54 _USER9
    大仁田「ダブルブッキング」で7・18超花火キャンセル!?TARUが暴露

    「超花火プロレス」は7日、都内のゼロワン道場で会見を行い、本紙既報通り、邪道・大仁田厚(58)が7
    月18日の秋田市セリオンプラザ大会を欠場すると正式発表した。2012年8月からスタートした前身の「
    大花火」ブランド時代を通じて初の欠場となる。

     会見には超花火のエクスプロージョンプリンセス(EP)を務める工藤めぐみ(46)とTARU(51)
    が出席。冒頭、工藤EPは「7月18日秋田大会に出場を予定されていた大仁田選手が、諸事情により欠場に
    なりました。ファンの皆様には大変ご迷惑をおかけいたします。初の大仁田厚不在の興行となりますが、予定
    通り開催いたします」と説明した。

     欠場理由を問われると、隣にいたTARUがマイクを奪い取り「なんで来られへんか言うたら、世に言う、
    ダブルブッキングや。この業界…いや社会においてダブルブッキングはやったらあかん。俺がいかに悪いいう
    てもダブルブッキングだけはせえへん。FMWだかどっかの団体に出るんや。こっちが先に決まっていたのに
    あっちに行く」と暴露。

     さらに工藤EPに向かって「今回で分かったやろ。お前らは大仁田に捨てられたんや。ただな、捨てる神あ
    れば拾うなんとかありやで…。俺がその“拾うなんとか”になってやってもええんやで。秋田で、菅原拓也を
    つけて電流爆破やったるわ。だから工藤EPが俺らに見合う対戦相手を探してこいや。もしできひんかったら
    …工藤さん、あんたに電流爆破をやってもらうで」と一方的にまくし立て、会見場を後にした。

     残された工藤EPは「見捨てられたっていう表現はやめてもらえませんか」とポツリ。カード発表は後日行
    うとしたが、主役のいない超花火は果たしてどうなるのか…。
     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160607-00000051-tospoweb-fight
     no title

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【プロレス】大仁田「ダブルブッキング」で7・18超花火キャンセル!?TARUが暴露】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ※キンボ・スライス選手は自身のストリートファイトの動画を黎明期のYOUTUBEにアップして知名度を高め
    プロにまでなった異色の格闘家です。
    YOUTUBERの先駆者ともいえるのではないでしょうか。今年に入ってからケビン・ランデルマン、ハヤブサ、サッカーのヨハン・クライフ
    そして先日のモハメッド・アリ、かつての名選手達が相次いで旅立っています。
    古くからのファンには、上半期は悲しい時期になってしまいました。
    下半期は明るいニュースで埋め尽くされる事を期待しましょう。

    1: 通りすがりの名無しさん 2016/06/07(火) 15:07:40.33 _USER9
    米国フロリダ州のアメリカントップチームは6日(日本時間7日)、所属選手の
    キンボ・スライスの死去を伝えた。42歳だった。6日に地元の病院に緊急搬送されたが、
    死因は不明。キンボの本名はケビン・ファーガソン。Youtubeに上げたストリートファイトの
    映像で話題を呼び、2007年にエリートXCでプロデビューし、タンク・アボット、ジェームス・
    トンプソンにKO勝ち。09~10年にはUFCで1勝1敗した後、一度引退した。 .

    その後、プロボクシングでの7戦7勝を経て、昨年6月のベラトールでMMAに復帰し、
    ケン・シャムロックに1R TKO勝ち。今年2月のベラトールでは同じくストリートファイト上がりの
    ダダ5000(ダフィール・ハリス)と戦い、3R TKO勝ちしたが、薬物検査でステロイドの
    陽性反応が出て無効試合に裁定が変わり、結局それが最後の試合となった。
    キンボは7月16日(現地時間)のベラトール・ロンドン大会のメインイベントでのトンプソンとの
    再戦を控えていた(ポスター画像)。MMA通算戦績8戦5勝(3KO/1一本)2敗1無効試合。
    ベラトールのスコット・コーカー代表、UFCのデイナ・ホワイト代表もツイッターに追悼の
    言葉を載せている。

    http://www.boutreview.com/2/news/bellator/item_20382.html

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【訃報】元ストリートファイター、キンボ・スライスが42歳で急死】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 通りすがりの名無しさん 2016/06/06(月) 22:36:05.61 _USER9
    ◆プロボクシング▽WBC女子世界ミニフライ級(47・6キロ以下)タイトルマッチ10回戦 
    〇黒木優子(KO 8回2分9秒)ノル・グロ(6日、東京・後楽園ホール)

     WBC女子世界ミニフライ級王者・黒木優子(25)=YuKO=が4度目の防衛に成功した。
    挑戦者でWBC女子世界アトム級12位ノル・グロ(25)=フィリピン=に8回2分9秒KO勝ちをおさめた。

     開始から積極的に出ると、3回終了間際に左ストレートで先制ダウンを奪取。その後もペースを渡さず、
    8回終了間際には連打で相手にテンカウントを聞かせた。世界戦自身初のKO勝利で、
    王者になって初の後楽園ホールでの試合を飾った。公約通りの決着に「良かった」とホッとした表情を見せた。

     ただ試合3日前に転倒。右手親指と中指に骨折の疑いがあったままリングに上がっていたという。
    「怖くて(検査を)受けていない」といい「試合中はアドレナリンが出て痛みはなかった」と鉄人ぶりを発揮。
    だが不安はあったようで「(利き腕の)左でなくて良かった」と話していた。黒木の戦績は16勝(8KO)4敗1分けとなった。

    スポーツ報知 6月6日(月)22時28分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00000155-sph-fight
    画像 8ラウンドKO勝ちでタイトルを防衛した黒木
    no title

    no title

    no title


    【ボクシング】王者・黒木優子、花柄ビキニ姿での計量は一発クリア(c)2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1465198051/

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【ボクシング】黒木優子、8ラウンドKO勝ちで4度目の防衛に成功 WBC女子世界ミニフライ級】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 通りすがりの名無しさん 2016/06/06(月) 16:27:31.85 _USER9
    ◆プロボクシング▽WBC女子世界ミニフライ級(47・6キロ以下)タイトルマッチ10回戦 
    黒木優子―ノル・グロ(6日、東京・後楽園ホール)

     前日計量が5日に都内の日本ボクシングコミッションで行われ、4度目の防衛戦に臨む
    WBC女子世界ミニフライ級王者・黒木優子(25)=YuKO=はリミットより100グラムアンダーの
    47・5キロ、挑戦者でWBC女子世界アトム級12位のノル・グロ(25)=フィリピン=は47・3キロでともに一発クリアした。

     愛くるしいルックスから「ボクシング界のゆうこりん」と呼ばれる黒木はビキニ姿で計量に臨んだ。
    「王者になってから初めて後楽園ホールの試合なので、
    より多くの人に感動してもらえるような試合をしたい」と気合。
    一方のグロは「(黒木は)とても美人。チャンピオンは尊敬すべき選手。
    最高の試合ができるよう全力を尽くしたい」と意気込んでいた。

    スポーツ報知 6月5日(日)14時44分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160605-00000073-sph-fight
    画像 水着姿で計量に臨み、無事にパスしてポーズを取る黒木優子。右後方は相手のノル・グロ
    no title

    no title

    no title

    no title

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【ボクシング】王者・黒木優子、花柄ビキニ姿での計量は一発クリア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 通りすがりの名無しさん 2016/06/05(日) 21:58:01.93 _USER9
    エメリヤーエンコがUFC登録へ

     ロシアの総合格闘家エメリヤーエンコ・ヒョードル(39)は、アメリカの総合格闘技団体「UFC」でキャリアを続けようとしている。
    本人がタス通信にこれを明らかにした。「今のところ、UFCとは双方が満足できるところまで達していないが、すべてはここへ向かっている」とエメリヤーエンコ。

     エメリヤーエンコは3年の休養期間を経て、昨年現役復帰した。2015年12月31日、さいたまスーパーアリーナで復帰戦が行われ、
    インド人格闘家シング・心・ジャディブにテクニカル・ノックアウトで勝利した。6月17日には、サンクトペテルブルクでブラジルのファビオ・マルドナドと対戦する。

     エメリヤーエンコは現在、田舎の基地で、試合に向けて強化訓練中。本人は復活後の自身の身体の状態に満足している。
    「対戦相手の選定はどんどん厳密になっていく。自分の身体の指標、スピード、持久力にとても満足している」

    大臣補佐官、再びリングへ

     休養中、エメリヤーエンコは行政の仕事をしていた。だが今は、スポーツが再び最優先になっている。
    「2012年に退いた時は、ケガを無視できなくなっていた。
    治療したら、ウラジーミル・プーチン氏からスポーツ省で働かないかと提案された。
    大臣補佐官の役職についていた時は、できることをすべてやった。休んで、また戦いたいという気持ちがわいてきた」とエメリヤーエンコはニュースサイト「レンタ・ル」に語っている。
     試合に出場しながらも、エメリヤーエンコはロシア総合格闘技連盟の理事のポストに残り、ロシアの総合格闘技の促進活動を続ける。
    また、独自の団体「フョードルチーム」格闘家のプロモーションも行っていく。

    エメリヤーエンコがUFC登録へ | ロシアNOW 2016年6月2日
    https://jp.rbth.com/arts/sport/2016/06/02/599447

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【格闘技】エメリヤーエンコ・ヒョードル(39)、UFC登録へ 「休んで、また戦いたいという気持ちがわいてきた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 通りすがりの名無しさん 2016/06/05(日) 21:31:21.90 _USER9
    3日に死去したボクシング界の伝説、モハメド・アリ氏のベストバウトには、リング上の戦いだけでなく、
    30年以上も続いたパーキンソン病との闘いも含まれている。

    プロボクサーとして通算61試合を戦ったアリ氏は、引退から3年後の1984年に42歳でパーキンソン病と診断された。

    多くの専門家は、アリ氏がパーキンソン病を患ったのは偶然ではなく、ボクサーとしての年月による悲劇的な結末とみている。
    当時の専門家は、現役時代に何度も脳振とうを経験したスポーツ選手にみられる脳の損傷を「パンチドランカー」、「パンチドランク症候群」と表現した。

    仏コンタクトスポーツ(体をぶつけ合う競技)連盟の関係者は、ボクシングとパーキンソン病の関連について、
    「断定的なことは言えないが、極めて強い疑いがある」との見解を示し、
    「現段階では打撃を繰り返し受けると、特に休むことなく動いている脳においては、神経細胞が変質することが判明している」と語った。

    一方、仏パリ(Paris)にあるレオポール・ベラン病院に務める神経科医のジャンフランソワ・シェルマン氏は、
    ボクシングとパーキンソン病には絶対的な関連があると主張している。

    シェルマン氏は2010年にノックアウトについて書いた著書の中で、「アリ氏は練習終了後、自分の強さを誇示するためにガードを下げ、
    スパーリングのパートナーに対して頭部をめがけてパンチを打つよう指示していた」としており、「彼の病気とそのような練習には関連がある」と結論づけている。

    ■衝撃を受けた回数が多いほど高リスクに
     
    医学的な研究では、頭部に何度も衝撃を受けるボクシングやほかのスポーツがもたらす結末に対し、長年にわたって警告が発されてきた。

    2008年にドイツのハイデルベルク大学病院が行った研究では、ボクサー42人と一般人37人の脳がスキャンされ、
    3人のボクサーから脳に「微小な出血」が確認された。これはリング上で受けたパンチの衝撃が、脳組織に損傷を与えたためと考えられており、
    研究者は「これらの変化はパーキンソン病や認知症といった重度の脳障害の前兆と考えられる」としている。

    2003年に科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に掲載された論文では、
    引退したアメリカンフットボール選手の脳の活動に「深刻な異常」が確認されたと発表されている。

    認識検査を実施した米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)の選手に確認された前頭葉の異常活動は、
    フィールド上で頭部に受けた強い衝撃の記録と合致していることが明らかになっている。

    約30パーセントのボクサーが引退後に神経障害を発症しており、シェルマン氏は「ノックアウトされた数が多ければ多いほど、そのリスクは高くなる」としている。
    シェルマン氏はまた、アマチュアボクサーの方がより危険度が高いとしており、その理由については
    「試合数が多くて検査が少ない。プロに比べてディフェンスにかける時間が少ない」からだと述べている。

    ■セカンドインパクト症候群
     
    ボクシングのノックアウトは、頭部にダメージを受けやすいさまざまなスポーツにおいて氷山の一角だ。
    ラグビー、アイスホッケー、スキー、柔道、乗馬など、頭部に衝撃を受ける競技は数多く存在する。

    仏コンタクトスポーツ連盟は、ボクシングでは打撃を受けたことをすぐに理解できるが、ほかのスポーツでは頭部へのダメージが見過ごされる可能性が高いとしており、
    「サッカー選手もヘディングの数が多い。ボクシングにはレフェリーがいるが、ほかの競技で(選手が頭部に衝撃を受けて)プレーを中断する人はいない」とコメントしている。

    アリ氏が引退して以来、脳振とうを受けたアスリートは最低でも5日間は休むことが「セカンドインパクト症候群」を避けるためには重要だということが研究で分かっている。
    短期間で頭部に2度目の衝撃を受けることで重い症状に陥るセカンドインパクト症候群により、毎年男女を問わず多くのアスリートが致命的な障害を負っている。

    フランスのラグビー界は当面の対策として、2013年からプロ選手の神経を観察する制度を導入している。
    また、米国ではアメフト選手とアイスホッケー選手の頭部のけがは厳しくチェックされている。

    AFP=時事 6月5日(日)14時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160605-00000017-jij_afp-spo&p=2

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【ボクシング】<モハメド・アリ>最強の男を苦しめたパーキンソン病 ラグビー、柔道、など、頭部に衝撃を受ける競技は数多く存在】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 通りすがりの名無しさん 2016/06/05(日) 14:09:17.34 _USER9
    ブロック・レスナーが7月9日開催のUFC200に出場することを正式発表
    対戦相手は後日発表

    http://www.sherdog.com/news/news/Report-Brock-Lesnar-Return-in-the-Works-for-UFC-200-on-July-9-105957

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【格闘技】元ヘビー級王者ブロック・レスナーが7月開催の『UFC200』で5年ぶり復帰 】の続きを読む

    このページのトップヘ