格闘技ごった煮速報

格闘技、プロレスの話題を中心に、トレーニングや格闘技を題材とした漫画、ゲームに関する2chスレッドを紹介するコピペブログです。

                 

    格闘技・プロレスニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/12/28(木) 18:55:50.57 _USER9
    28日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)で日本相撲協会が東京・両国国技館で開いた臨時理事会で貴乃花親方に理事解任を提案したニュースを特集した。

    番組では八角理事長の会見を速報。理事長は「貴乃花理事の行為は、理事の忠実義務に著しく反するものと言わざるを得ない」と断じ、

    1月4日に臨時評議委員会の招集を提案し、そこで審議してもらうことを明かした。

    その上で八角理事長は「1月4日の評議委員会で解任になった場合でも初場所後の年寄会での理事選挙に立候補できることは可能。

    師匠として部屋の弟子の指導はこれまで通り行えます」と示していた。また、理事解任が決まった場合は「階級は役員待遇委員となります。これは臨時措置であって処分ではありません」などとしていた。

    この会見にスタジオに生出演した相撲協会の前危機管理委員長の宗像紀夫弁護士は「あくまでも処分ですよ。解任ですから」と指摘していた。

    12/28(木) 14:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000066-sph-spo

    写真
    no title

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【大相撲】<八角理事長>会見で貴乃花親方の理事解任の提案は「処分ではない」…宗像弁護士は「グッディ」で「処分です」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/12/28(木) 17:26:46.73 _USER9
    元横綱日馬富士(33)に暴行を受けた十両貴ノ岩(27)が、逆に“暴行疑惑”で昨年12月27日に東京地裁へ証人として出廷していたことが26日、わかった。引退した貴乃花部屋の元幕下力士が日本相撲協会を訴えている民事訴訟で、3人の元力士が貴乃花部屋で行われていた暴力の実態などを証言。貴乃花親方(45)と花田景子夫人(53)も貴ノ岩と同日に証人尋問で出廷した。訴訟は現在も東京高裁で争われている。

    相撲協会を訴えているのは、十両目前の幕下3枚目だった2014年九州場所限りで引退した元貴斗志(27)。貴乃花親方に引退届を出されたことから15年3月、相撲協会を相手取り「地位確認等請求」、「報酬の支払い」などを求めて東京地裁に提訴。今年3月に請求を棄却されたものの、控訴して現在は東京高裁で係争中だ。

    裁判記録によると、元貴斗志は14年10月18日の朝稽古中、貴乃花親方から「不良みたいな態度を取りやがって。荷物をまとめて出ていけ」などと何度も怒鳴られ、貴乃花部屋から追い出されたという。

    貴乃花親方は元貴斗志について、「起伏の激しいところがあり、精神が乱れることが多々あった」、「やる気がなく、更生することはない。力士の模範になることはありえない」と判断し、20日に引退届を提出した。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/夕刊フジ
    https://www.zakzak.co.jp/spo/news/171228/spo1712280012-n1.html

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【「相撲」衝撃!貴ノ岩にも暴行容疑 元貴乃花部屋力士の訴訟で発覚「逃げ回る力士にエアガン」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/12/27(水) 00:36:20.31 ● BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典
    格闘家でありDV加害者としても報じられているボブサップが出演する予定の番組に、怒りの声が上がっている。
    ボブサップが野生の熊と戦う番組内容に、動物虐待の声が上がっているのだ。

    ・野生の熊とボブサップが戦う
    問題視されているのは、2017年12月31日18:00からTBSで放送される大晦日番組「KYOKUGEN2017」。複数の格闘家が出演し、ボブサップもそのなかのひとり。捕獲した野生の熊とボブサップが戦うという内容で、TBSは以下のように番組内容を伝えている。

    ・TBSの番組紹介コメント
    「野獣VS野獣!前代未聞の対決が実現する。ボブサップVS野獣クマのパワー対決。興奮するクマ…こらえるボブサップ…スタッフも騒然! 予想外の結末とは!?」

    ・インターネット上の声
    「熊とボブサップを戦わせる!? 熊は誰とも戦いたくないでしょ。ほんと情けない事ばっかで嫌になる」
    「下らない、低脳な企画。やめてほしい!」
    「TBS は年末にボブサップと熊を戦わせ動物虐待で視聴率と利益を上げようとしています」
    「TBSの番組で大晦日に熊さんとボブサップが格闘するという最低な企画。苦情の意見メール送りました」
    「批判が多ければ企画は取りやめになるかもしれません!」

    ・日本のテレビ制作者の倫理観
    ほかにも「TBSがボブサップと熊を闘わせる番組だと?バカなの?あのコロッセオでも、中世初期には、動物と闘うとかもう止めようぜとなったのに。日本のテレビ制作者の倫理観は中世の人より遅れてるんだな」などの意見があった。

    ・内容を差し替える可能性あり
    この番組はボブサップと熊が戦うだけの番組ではないため、番組自体が放送中止になることはないと思われる。ボブサップと熊のシーンだけ放送せず、内容を差し替える可能性はありそうだ。そのまま放送すればTBSがネットで炎上するのは確実なだけに、大きな注目が集まっている。

    ちなみにAbemaTVが2017年12月31日20:00から放送予定だった「朝青龍を押し出したら1000万円」にもボブサップが出る予定だが、突如としてボブサップの名前が番組情報から消えており、出演しない可能性が出てきている。

    詳細は以下ソース
    http://buzz-plus.com/article/2017/12/26/bob-sapp-fight-bear/
    no title

    no title

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【激怒】ボブサップが熊と戦うTBS番組に怒りの声 / 視聴者「動物虐待で視聴率と利益上げようとしてる」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/12/24(日) 12:58:35.25 _USER9
    新日本プロレスの大黒柱として、プロレスブームを支える棚橋弘至さん。
    「大卒レスラー」としても知られる棚橋さんですが、
    大学受験では猛烈な努力を重ねたといいます。
    一体どのような青春を過ごしたのでしょう。

    ◇1日最低12時間勉強した
    高校時代、プロ野球選手になりたくて、
    野球部の活動は一生懸命にやっていましたが、
    夏に甲子園の予選が終わると、中ぶらりんになりました。
    野球選手になれないなら、それを伝えるスポーツ新聞の記者になろうと思って、
    そのためには大学に行こうと、受験勉強を始めました。

    実質勉強していたのは半年くらいです。偏差値は50くらいでした。
    自分の学力がどれくらいかが把握しきれなかったので、
    手当たり次第に勉強して、塾に行って、地元の行けそうな大学から
    偏差値の高い大学まで10校近く受けました。全部受かりましたね。

    とにかく戦う武器をそろえないといけないと思ったので、
    書店を回って、よさそうな問題集をチェックして、
    全部買ってきて、分からないところや間違えたところを補習しました。
    一番効率のいい方法を選びましたね。
    分かる問題や、できたところは2回やらない。
    できなかったところだけをやって、穴を埋めていきました。

    僕は私立に絞っていたので、英・国・社の文系3科目しか勉強しませんでした。
    英語は自分で吹き込んだ英会話をイヤホンで聞いていました。
    僕みたいに部活ばかりやってきた生徒は体力勝負ができるんですよ。
    1日最低でも12時間勉強して、寝ている時間以外は勉強していました。
    午前3時、4時まで勉強して朝の7時には起きて学校に行きました。

    何となく大学に行きたいなというのだと、勉強にも身が入らないと思います。
    次の模試で何点取るとか、あいつには勝ちたいとかでもいいのですが、
    新聞記者になるという目標設定がいち早くできたので、
    勉強に身が入りました。

    息抜きにはプロレスのビデオをずっと見ていました。
    小橋建太さんとか武藤敬司さんが僕のアイドルでした。
    「小橋が頑張っているから、おれも頑張ろう」と、エネルギーをもらう感じですね。
    息抜きする時にはモチベーションを上げる何かに触れた方がいいですね。

    (続き)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000000-maiall-life 

    20171224-00000000-maiall-000-7-view

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【プロレス】新日・棚橋弘至、高校時代は1日12時間勉強して志望校全合格・・・「今も勉強は役立っている」  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/12/26(火) 23:53:31.63 _USER9
    元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏が26日、サッカー元日本代表の三都主アレサンドロ氏との2ショット写真を公開。
    この写真と同時にツイートした日本語を巡り“プチバトル”が展開され、朝青龍が「うるさいんだよ!!」と返す一幕があった。

    朝青龍は写真とともに「元サッカー日本代表アレクスサントスさんと記念写真!!
    因みに母校同じでーす アレクス先輩ありがとう(原文まま)」とツイート。ファンに向けて日本語で高知・明徳義塾の先輩でもある三都主氏との関係を説明した。

    ところが三都主氏の帰化前の登録名が「アレクス」でなく「アレックス」だったことを一部のユーザーが指摘。
    これに朝青龍が「お前らモンゴル語できるかい?ホッラー!!うるさいんだよ!!」と“反撃”した形だ。

    とはいえ、朝青龍もブチギレしている様子ではなく「日本語の間違い許せー!!」と謝罪している男性の絵文字付きでお願い。
    これにはファンから「一生懸命、日本語でツイートしてくれてるの伝わるよ」「朝様の日本語かわいーー!」「十分お上手です!」といった好意的なコメントが数多く寄せられた。

    12/26(火) 23:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000121-dal-spo

    写真
    no title


    「先輩ありがとう」 元横綱・朝青龍氏が元日本代表MFに感謝、笑顔の2ショット公開
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171226-00010022-soccermzw-socc
     

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【大相撲】<朝青龍>日本語巡って“プチギレ” 「お前らモンゴル語できるかい?ホッラー!!うるさいんだよ!!」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/12/26(火) 14:07:45.73 _USER9
    日本相撲協会は25日、元横綱・日馬富士関(33)の暴行問題で、
    被害者の幕内・貴ノ岩(27)の師匠で、協会理事と巡業部長を務める
    貴乃花親方(45)=元横綱=への初聴取を都内のホテルで行った。
    28日の臨時理事会では貴乃花親方に業務停止か理事からの降格という厳罰が
    下される可能性があり、一連の問題は年内決着が濃厚となった。

    ついに貴乃花親方への聴取が実現した。暴行問題に絡んだ関係者で唯一、
    危機管理委員会が接触できなかった同親方から、
    協会の高野利雄・ 危機管理委員長(元名古屋高検検事長)に連絡が入った。
    会場のホテルには同親方が先に入り、同親方の弁護士も待ち構えていた。
    弁護士が同席したのは証人として事実を正確に把握するため。
    高野委員長と鏡山危機管理部長(元関脇・多賀竜)が
    約2時間にわたって聞き取りを行った。
    協会関係者によると、貴乃花親方は
    自らの正当性や貴ノ岩の主張などを述べたという。

    20日の臨時理事会では、聴取ができていないという理由で
    貴乃花親方だけが処分を見送られた。
    春日野広報部長(元関脇・栃乃和歌)も
    「今日ここ(協会)に来るまで知らなかった」と話したように、
    25日に急展開を見せた。同親方は約6時間後に部屋へ戻った際も無言を貫いたが、
    鏡山危機管理部長は「終わったよ」とヤマ場の終了を明言。
    危機管理委関係者によると聴取は今回限りだという。
    春日野広報部長は「高野先生から(情報は)入ってない。
    一生懸命まとめていると思う」と
    高野委員長が臨時理事会で下す処分を精査している段階だと語った。

    貴乃花親方は巡業部長でありながら事件発生を協会執行部へ報告せず、
    聴取の要請も合計で10回拒否した。
    協会関係者によると20日の臨時理事会前時点で貴乃花親方への処分は、
    懲罰規定で4番目に重い「業務停止」だったという。
    親方衆は協会と弟子の育成に関する業務委託契約を結んでおり、
    業務停止なら一定期間は稽古の指導も禁止される。
    八角理事長(元横綱・北勝海)に3か月の報酬全額返上の処分が下されるなど、
    今回の問題に関しては“厳罰化”の傾向。
    28日の臨時理事会後には理事の選任と解任の権限を持つ評議員会が開催予定で、
    業務停止より重い「降格」の処分が下される可能性もある。

    貴乃花親方は警察及び検察の捜査終了を待つことを理由に、
    11月14日の事件発覚以降は協会の聴取を断り続けてきた。
    聴取の実現は問題解決に向けた大きな一歩で、
    春日野広報部長は「やっと協力をいただいた」と話した。
    幕内・貴景勝が部屋初の三役力士となる26日の番付発表直前に師匠自ら
    ケジメをつけたことで、年内決着が見えてきた。

     ◆評議員会 定数は5人以上7人以内で、総数の過半数は外部有識者で構成される相撲協会の最高議決機関。理事の選任、解任という強い権限があり、
    年寄(親方)が務める場合は年寄名跡を持ったまま任期(4年)内は本名で番付などに記載される。現在の議長は池坊保子氏(元文部科学副大臣)で
    年寄出身者は湊川親方(元小結・大徹)、大嶽親方(元十両・大竜)、二子山親方(元大関・雅山)の3人。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000041-sph-spo

    20171226-00000041-sph-000-4-view


    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【相撲】貴乃花親方に厳罰!業務停止か理事から降格も…やっと弁護士同伴で聴取、28日処分へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ※少し前の記事ですが、コメント欄でこの記事が挙げられてない事の指摘を受け、急遽掲載
    させて頂きました。12月は本業がバタバタだったので、ご容赦を・・・

    1: 名無しさん 2017/12/11(月) 00:58:43.10 _USER9
    ボクシングのIBF世界スーパーフェザー級王座決定12回戦は9日(日本時間10日)、米ネバダ州ラスベガスの
    マンダレイベイ・イベンツセンターで行われ、世界初挑戦の同級4位・尾川堅一(29=帝拳)が同級5位
    テビン・ファーマー(27=米国)に2―1で判定勝ちし、新王者となった。

    スーパーフェザー級の日本人世界王者は史上9人目、海外での世界王座奪取は史上10人目、11例目、
    米国での日本人の世界王座奪取は元WBA世界スーパーウエルター級王者・三原正(三迫)以来、
    36年ぶりの快挙となった。尾川は24戦23勝(17KO)1敗、ファーマーは31戦25勝(5KO)5敗1分け。

    「ロッキーのテーマ」で入場した尾川はリングへ上がる際に腕を突き上げ、ロープにもたれて背中を伸ばすなど
    リラックスした雰囲気。1回、プレッシャーをかけてボディーを狙う好スタートを切ったが、終盤に速い左をもらった。
    2回からはファーマーが下がりながらジャブを放つスタイルでペースを握りかけたものの、尾川は迷わず
    得意の右を当てて前進。4回には警戒したファーマーがガードを上げたためジャブが明らかに減った。

    5回と6回は左カウンターをタイミング良く当てたファーマーのラウンド。しかし7回、尾川はマウスピースを
    入れ直した試合再開直後に強烈なワンツーを入れ、相手をぐらつかせた。8、9回はファーマーが手数を出したが、
    尾川は10回にも右をきれいにヒット。ファーマーはクリンチでしのぎ、尾川が打ちづらくなるように接近戦を挑んできた。
    11、12回とファーマーは再び手を多く出し、尾川は右を出しながらもやや浅く、返しが入らない。最後は空振りで
    終了ゴングを聞いた。

    読み上げられた採点は116―112でファーマー、116―112で尾川と来て、最後は115―113で尾川。
    「ケンイチ…」とコールされた尾川は驚いたようにコーナーへ駆け上がり、雄叫びを挙げた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000125-spnannex-fight


    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【ボクシング】尾川堅一がIBF世界スーパーフェザー級王座戴冠!米国での日本人の王座奪取は36年ぶりの快挙 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/12/23(土) 07:32:32.04 _USER9
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171222-OHT1T50164.html

    no title

    佐竹雅昭


     元格闘家の佐竹雅昭(52)が22日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)に出演。
    21日発売の「週刊文春」で6年間交際した女性へのDVと薬物使用疑惑が報じられた格闘家・ボブ・サップ(44)について、「初対面の時は、ものすごい気の弱い感じだった」と話した。

     米シアトルのジムでトレーニングしていた際、先輩選手にサップを紹介されたという佐竹。
    「おとなしい感じで、ものすごい気の弱い感じだった」と話した後、サップの薬物疑惑について
    「俺も向こうでトレーナーに、ステロイド(筋肉増強剤)をしつこく勧められた。早死にしたくないと断ったけど、あっちの感覚は太く短い人生でいいから強くなりたいという感じ。向こう行くと、簡単に興奮剤とか手に入るから怖い。サップが使っているかは分からないけど」と自身の経験を踏まえて話していた。

     また、格闘通で過去、某会社の入社式でサップと“戦った”経験も持つお笑いタレントの水道橋博士(55)は
    「個人的に何度も飲んだこともあるけど、サップはワシントン大で薬学を学んだ、ものすごいインテリ。薬の影響も確かにあるのかも知れないけど、彼が日本での契約でいろんなところとトラブルを起こしたのも事実です」と話した。

    スポーツ報知 2017年12月22日21時32分

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【プロレス】佐竹雅昭、元恋人へのDV疑惑のボブ・サップは「最初、ものすごい気の弱い感じだった」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/12/22(金) 12:10:10.34 _USER9
    インターネットテレビ局「AbemaTV」の大みそか特番『朝青龍を押し出したら1000万円』(12月31日、後8:00~)で、 元横綱の朝青龍(37)と対戦する
    “VIPチャレンジャー”の2人目として、
    2004年アテネ五輪の男子柔道90キロ級銀メダリストの泉浩(35)が決定した。

    泉はアテネ五輪で銀メダルを獲得し、
    翌05年の世界柔道選手権の90キロ級で優勝。
    09年から総合格闘家に転身、11年には
    ロンドン五輪のレスリング日本代表を目指して全日本社会人選手権にも挑戦した。
    14年2月に女優の末永遥と結婚、今月3日に第1子となる男児が誕生した。

    同番組は、大相撲の第68代横綱として活躍し、歴代4位の25回の優勝を誇る朝青龍が、賞金1000万円をかけて「張り手なし」「変化なし」、
    「押し出し」のみを勝ちとする番組オリジナルルールで対戦相手と
    土俵上で勝負を繰り広げる。両者ともまわしを着用し、
    どちらかが土俵の外に足を含む体の一部分が接触した時点で勝負が決まる。

    朝青龍は7年ぶりの復帰に向けて「すごく楽しみにしています。
    私も稽古をして、四股を踏んで、足のバランス、体のバランスを考えて
    筋トレをしないといけないなと思っています」と意気込み。
    「若者に負けたら恥ずかしいですよね」と元横綱としてのプライドも
    のぞかせている。

    対戦相手は8人で、一般チャレンジャーが5人とVIPチャレンジャーが3人。
    ほかの対戦者も順次発表される。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000313-oric-ent
    no title

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【格闘技】柔道銀メダリスト・泉浩、朝青龍と対戦決定 ボブ・サップに次ぐ2人のVIP挑戦者 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/12/23(土) 07:49:57.33 _USER9
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171222-OHT1T50130.html

    no title

    「爆報!THE フライデー」MCの爆笑問題の太田光(左)と田中裕二


    京大出身のプロボクサーとして話題を呼んだ川島実(43)が
    22日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)に出演。
    僧侶に転身した姿を披露した。

    98年、京大医学部在学中にボクシングのプロテストに合格。
    「インテリボクサー」として話題になったが、5年で引退。
    学生時代に取得した医師免許の元、医師になったが、
    「治療しても患者さんが相次いで亡くなっていくのが耐えられなかった」と
    般若心経を写経したところ、「亡くなった人が目の前に現れたりしなくなった」と
    精神的に立ち直ったという。

    そして、京大出の頭脳を生かし、経典を1か月で全て暗記。
    3年前に出家し、異例の速さで奈良の大仏がある
    世界遺産・東大寺の僧侶になったという。

    カメラの前に作務衣姿で現れた川島は「人生は修行ですね。全てが」と
    温厚な笑顔で話していた。

    スポーツ報知 2017年12月22日19時15分

    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴! 【【ボクシング】京大出身プロボクサー川島実、東大寺の僧侶になっていた! 「人生は修行ですね。全てが」 】の続きを読む

    このページのトップヘ