格闘技ごった煮速報

格闘技、プロレスの話題を中心に、トレーニングや格闘技を題材とした漫画、ゲームに関する2chスレッドを紹介するコピペブログです。

    2016年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ※管理人は思春期の頃、「夏休み明けだけは腕が一回り大きくなる男」と言われてました。理由は・・ご想像にお任せします・・
    筋トレ全般に言える事ですが、自身の限界に近い高重量を扱う事は筋肉の成長速度には殆ど影響しません。 
    初心者の方は1回~5回だけ持ち上げられる自身の最高重量か、それに近い重量に拘るより、10~20回の回数挙げられる重量をどれだけ伸ばせるか?に拘った方が 成果は出ると思うし、特に腕はその傾向が強い様に感じます。
     
    【上腕二頭筋を鍛えろ!!】の続きを読む スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ※春の選抜無事終わりました。高校野球や高校サッカーを見ていつも思うのですが、
    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 6b41-L3NA) 2016/03/31(木) 19:51:39.55 ID:D2gagHPh0.net BE:578353363-2BP(2001)
    sssp://img.2ch.sc/ico/mamono.gif
    絶対的エースが全試合完投 一方で継投策チームも

    今春のセンバツは智弁学園(奈良)が劇的なサヨナラ勝ちで高松商(香川)を破り初優勝した。エース村上頌樹投手(3年)が見事な投球を見せ、最後は優勝を決めるサヨナラ打まで放った。

     「あっぱれ!」である。

    村上投手は5試合すべて完投。47イニング、669球を1人で投げ抜いた。

    試合後のヒーローインタビュー。「監督さんから『全試合行け』と言われていました。(669球を問われ)いつも投球数が多いので夏は少なくしたいです」。

    智弁学園は20日の開幕戦が初戦だった。そこから中4日で2回戦、中2日で準々決勝、中1日で準決勝。連戦は準決勝と決勝だけだった。
    そんな日程も村上投手に味方してくれたのかもしれない。春の疲れを癒やし、再び万全の状態で甲子園のマウンドに戻ってくれることを祈りたい。

    3年前のセンバツでは準優勝した済美・安楽投手(現楽天)の772球が大きくクローズアップされた。

    1人のエースが投げ抜くのか、複数の投手で継投、またはローテーション制を取るのか、投球数を制限させるべきなのか…。
    安楽投手の772球を巡って、米国も巻き込んで様々な論争が起こった。

    今大会に出場して4強入りした秀岳館(熊本)は5人の投手をベンチ入りさせ、全員登板させた。4試合すべて継投策だった。
    元NHK解説者で社会人野球やボーイズリーグ(中学硬式)の監督の経験もある鍛治舎巧監督はこう言った。

    「150キロを投げる絶対的なエースがいれば1人でということも考えられます。でも私は絶対的なエースを作ってということは考えません。
     子供たちの将来を考えれば。無理はさせても無茶はさせません」。


    今年1月に千葉・幕張メッセで行われた野球指導者講習会では、高崎健康福祉大高崎(群馬)の青柳博文監督から興味深い報告があった。

    青柳監督は「投手の連投対策」というテーマでリポートした。同校は先発完投型から継投策へとチームの方針を転換した。

    きっかけは4強入りした12年春のセンバツとその後に行われた春季関東大会(優勝)だった。絶対的なエースの酷使により夏の大会前に疲労骨折が判明。
    夏の大会までに完治せず、群馬大会4回戦で敗退した。この苦い経験から「1人の絶対的エースから『投手陣』としての戦い方を模索した。

    そこで出した結論が以下の通り。

     (1)野球を9イニングと考えないで3イニングを3セットと考える。先発完投を美学とせず酷使と捉える、先発は5回までという固定概念を捨てる。

     (2)継投のコンセプトについて。投球の限界ではなく役割を果たした時点で交代させる。

     (3)投手陣の役割を、スターター(先発。3イニング、最長でも5回)、ミドル(ショートリリーフとロングリリーフの2枚で流れを変えるタイプ)
        セットアップ(四死球を出さない特徴のあるタイプで左腕も含まれる)、クローザー(抑え役、奪三振率が良い投手)、エクストラ(延長戦要員で野手の投入も含む)に分類。


    さらにセイバーメトリクス(統計学)を用いて選手を分析。先発なのか、中継ぎなのか、抑え役なのか、ポジションを決めているという。

    実際の運用として14年夏の群馬大会の例を挙げた。6試合すべて継投策で優勝。決勝戦は3投手のリレーでノーヒットノーランを達成し甲子園にコマを進めた。

    青柳監督は「どんな絶対的エースであっても、また超高校級、プロ注目投手であっても完投すれば、少なく見積もっても2点や3点は取られるという現実がある。
    ならば、どうせ点を取られるのであれば、1人の完投で疲労困憊(こんぱい)の上に取られるのと、複数の投手で失点を分け合うのとでは、どちらが夏の長丁場の連戦を戦い抜き
    たった1枚の甲子園切符を手にするに有利だろうか?」とリポートを締めくくった。

    1人の絶対的エースと心中するのか、それとも複数の投手で戦うか。後がない一発勝負の高校野球にとって永遠のテーマなのかもしれない。
    ただ、秀岳館や健大高崎など、複数投手の継投策で戦う方法を選択するチームが増えているのも事実だろう。暑さが大敵となる夏に向け、各チームの投手起用に注目したい。

    http://www.nikkansports.com/baseball/column/fukuda/news/1624649.html

    【甲子園の酷使問題、1人の高校生と引き換えに手に入れる1枚の甲子園行きチケットに価値はあるのか。ようやく変わりつつある高校野球界。 [578353363]】の続きを読む スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!

    このページのトップヘ