1: 名無しさん 2017/01/06(金) 20:20:34.13 _USER9
2月12日(日)東京・大田区総合体育館で開催される『KNOCK OUT vol.1』の記者会見が、1月6日(金)都内にて行われた。

昨年末大活躍した“格闘技の神童”那須川天心(TARGET)の対戦相手に、驚くべき選手が用意された。元プロボクシング
IBF世界フライ級王者のアムナット・ルエンロン(タイ)である。

アムナットは過去にムエタイを経験し、ルンピニースタジアム認定フライ級王者に輝いた実績を持つ。その後、
プロボクシングに転向し、12戦無敗でIBF世界フライ級王座に就いた。2014年5月には、アマチュア時代にも対戦して
勝利している井岡一翔の挑戦を退けて初防衛に成功。井岡の3階級制覇を阻止するとともに、井岡にプロ初黒星
(現在でも唯一の黒星)を付けた。

同王座は5度の防衛に成功(6度目の防衛戦で敗れた)。ボクシング戦績は17勝(5KO)1敗で、2016年5月の試合を最後に
プロのリングから離れたが、アマチュアボクシングでリオ五輪にタイ代表として出場している。

迎え撃つ那須川は昨年12月5日の『KNOCK OUT Vol.0』にて、初のヒジ打ち・首相撲ありルールでルンピニースタジアム
認定スーパーフライ級王者ワンチャローン・PKセンチャイジムと対戦。現役王者を1Rにバックスピンキック一発でKOする
離れ技を演じた。

さらには年末の『RIZIN』に参戦し、29日のMMA(総合格闘技)ルール初挑戦でパウンドによるTKO勝ち、その2日後には
第2戦を行い今度はチョークで一本勝ちと2連勝を飾った。

プロボクシング世界王者とスパーリングで互角に渡り合ったと言われる那須川のボクシングテクニックが、ムエタイ出身で
プロボクシング世界王者にまで登り詰めたアムナットにどこまで通じるのかが注目される一戦となった。
20170106-00000003-gbr-000-4-view

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00000003-gbr-fight

7: 名無しさん 2017/01/06(金) 20:36:59.70
>>1
スパーで互角だったボクシング世界王者って誰?
階級的にスーパーフェザー級の内山や三浦あたりよりは軽いクラスかとは思うが

その2人は元世界王者だがなw

2: 名無しさん 2017/01/06(金) 20:25:05.02
リオ五輪出てたんだ、知らなかった

3: 名無しさん 2017/01/06(金) 20:26:42.59
なんのルールで戦うんだよ

10: 名無しさん 2017/01/06(金) 20:50:06.44
>>3
ムエタイじゃね
アムナットは元々ナックモエだし

4: 名無しさん 2017/01/06(金) 20:26:59.02
プロレス二連戦天心がんばれ
これからも、リアルファイトではできないドラマチックなシナリオを頼む

6: 名無しさん 2017/01/06(金) 20:29:41.28
キックだけじゃ食えないのか
マジ天才だけど
総合だと負けるよ簡単に

引用元: ・http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483701634/