1: 名無しさん 2014/08/02(土) 15:41:45.13
みんながしってる武器で日本刀超えるやつある?

Antique_Japanese_(samurai)_katana_met_museum
wikipedia
 

22: 名無しさん 2014/09/19(金) 20:26:09.83
>>1
赤穂浪士の吉良邸討ち入りとか新撰組とか抜刀隊とか、、、
日本刀で戦ったと言うヤツラは歴史上、例外中の例外です。

古来、合戦で武士たちは甲冑に身を包み、大小の刀を腰に携えていた、、、
が戦場では鉄砲、弓矢、鎗が主力武器で刀で戦う事などは先ず無かった。

因み長い方の刀は討ち取った敵の首をはねるための携帯用首刈具で
短い方の刀は敗戦時の自決用のための刃物です。

とてもじゃないけど日本刀は「武器」と呼べる代物ではありませんから。

23: 名無しさん 2014/09/19(金) 22:02:46.85
>>22
じゃあなぜ失伝した流派も多いと思いますが、剣術の流派や居合などの流派が他の武器の流派に比べて多く残っているのですか?
ご存知なら教えて頂きたいです。

24: 名無しさん 2014/09/19(金) 23:57:38.99
>>23
おいおいw日本刀以外の武器って、、、
鉄砲や、弓矢や鎗とは絶対数(汎用度)に違いが有り過ぎるよ。
刀が圧倒的に多い分、剣術を学ぶヤツも多いだろうし
流派もたくさん出来るだろうよ。

25: 名無しさん 2014/09/20(土) 01:20:22.01
>>24
度々すみませんお馬鹿な私にもうちょっと掘り下げて教えて頂けると有り難いです、
ちなみに私は刀最強とは思っておりません、ただ扱い難い武器だったと思ってるだけです。
重装備の相手でも脇や股、首、刀で致命傷を負わす事は可能だったので特別役立たずの武器ではなかったと思います
あと雑兵は鎧も軽装で乱戦では刀で十分対応可能です
上手く扱える人間が少なかっただけで
武器として刀を否定されるのは違和感があります。

26: 名無しさん 2014/09/20(土) 05:40:22.78
>>25
剣術が表に出始めたころは、薙刀・槍と併伝なんやなw
近代以前の飛び道具は距離を置きながら連射し続けるのが難しく
鑓戦を経てやがて刀に移行するw

戦場では短刀で首を獲り(徒歩武者相手には)短刀でとどめを刺す

27: 名無しさん 2014/09/20(土) 10:14:51.25
>>25
アンタな~合戦で自分が足軽先方隊に居るとしても「刀の方が戦い易い」
などと脳天気な事が言えるのか?

敵陣先方隊は横一列にズラ~っと並んだ長鎗足軽隊だぞ(自陣も同様だが)。

戦場で刀が大活躍するシチュエーションなんて生まれる余地が無いんだよ。

鎗には鎗で、出来ればより有利な弓矢もしくは鉄砲で、、、が真理だから。

76: 名無しさん 2015/05/30(土) 16:25:18.68
>>22
乱戦になったら日本刀使うにきっまてるだろ。
弓→槍→刀→組討ち 間合いによって使い分ける。
弓と槍だけで決着がつくわけがない。
現代の戦争だって白兵戦があるだろ。

126: 名無しさん 2016/08/29(月) 00:05:52.88
>>22
まあ日本刀が武士の命みたいになったのは、江戸時代で平和な時代が300年も続いたからだろ。
携帯が容易な護身具としては刀が一番実用的だったから。今で言うナイフみたいなもんだ。
あくまで平時の携帯用護身武器として有用だったというだけで最強とか頓珍漢にもほどがあるって話。

実戦なら飛び道具の弓や鉄砲。次が槍で、刀なんて城や屋敷の中に隠れて出てこない
敵の首領クラスを討ち取るのに使うぐらい。それだって本格的な戦なら、建物ごと焼き討ちとか
兵糧攻め、水攻めとかより被害の少ない方法を選ぶ。城や屋敷に入って白兵戦なんて、
相手がよっぽど少数の制圧戦とか、治安維持目的の警察活動ぐらいでしかやらない。

まあ普通に考えりゃ、敵の射程外から打ち込める武器の方が強いに決まってるなんて
四の五の言うまでもなく、馬鹿でも分る話だが。

75: 名無しさん 2015/05/29(金) 17:05:02.43
>>1
今の日本では、法務大臣の持つペンと印鑑が最強の武器
いまなら合法的に100人ほど葬れる。

2: 名無しさん 2014/08/02(土) 20:06:17.92
銃が最強

3: 名無しさん 2014/08/02(土) 22:04:14.65
それをいったらお終いよ

4: 名無しさん 2014/08/02(土) 22:04:49.08
出来れば飛び道具以外で

6: 名無しさん 2014/08/03(日) 01:06:01.16
お金

7: 名無しさん 2014/08/05(火) 15:01:09.02
日本刀は普通にリーチが足りない
グレートソードみたいな西洋剣と戦っても不利、しょせん護身用
槍でも持ってこい
800px-Dresden-Zwinger-Armoury-bi-handed-sword
 wikipedia

73: 名無しさん 2015/05/24(日) 17:37:44.08
>>7
大太刀と長巻があるだろ。
日本刀は、打ち刀だけじゃない。

8: 名無しさん 2014/08/05(火) 19:02:35.43
グレートソードは高いから数を揃えられないし
ヨーロッパにおける雑兵が扱う刀剣は
スクラマサクスやフォールシャンのような鉈に近いものが好まれたとか

普段我々が呼んでいるロングソードは本場欧州じゃ片手剣ではなくバスタードソードの別名で
片手剣の方はアーミングソードと呼ぶ
とはいえ、学者によって意見がバラバラで定説は定まっていないそうだ。
刀剣は刃で受けるが正しいか受け流すのが良いかも意見が割れとる

まあ、長々と駄文書いたけどvipの厨房やゆとりしかこなそうなスレだな

17: 名無しさん 2014/09/03(水) 03:50:05.20
>>8
アーミングなんたらとか知らんけど
普通にナイトソードで良いんと違うのか
ちょっと長めのブロードソードの事だけど

11: 名無しさん 2014/08/07(木) 18:22:09.84
大抵の日本刀って、只の「鉄の延べ板」なんだよなー

12: 名無しさん 2014/08/07(木) 21:15:46.80
槍や薙刀の刀身も似たようなもんだよ

13: 名無しさん 2014/08/15(金) 13:41:23.97
女の涙…

14: 名無しさん 2014/08/16(土) 23:34:21.34
FBIも使用している本格的な護身用品。
http://www.tu-han.net/46307-s.html
パルスウェーブウエポン・マイオトロンについて

*マイオトロンは米国FBIの依頼のもとに開発されたセルフディフェンス・ウエポンです。
 1990年代FBIは数々のアンダーカバー・オペレーション(極秘捜査)を行ってきました。
 大物ドラッグディーラー摘発から各国エージェント(スパイ)の逮捕など、FBIスペシャ
 ルエージェントは常に危険との闘いでした。
 こうした危険な作戦からエージェントを守る為に開発されたのが
 このパルスウェーブウエボン・マイオトロンなのです。

*パルスウェーブは人間の脳のなかにあるモーターコーテックス(運動皮質)とハイパサラマス
 (間脳の一部である視床下部)からの脳波をインターセプトし一時的に機能不能にします。
 ごのため人間の運動をつかさどる随意筋がコントロールを失い、暴漢は腰砕けの状態でその場
 に倒れ込んでしまいます。この状態は約15分間持続します。マイオトロンを接触された暴漢
 は、体内に数億もの鋭い針が走り回るような感覚を生じ、戦意を完全に失うことでしょう。

*マイオトロンは薬物中毒者にも有効です。

*付属の専用リチウム電池パックにより約4000回の放電が可能です。
 このリチウム電池は使用しなければ約10年間は電池交換が不要です。
 これでもう従来の様に頻繁な電池交換や充電の煩わしさから開放されます。

*トンファーバトンなどの素材としても使用されている強化ポリカーボネイト製の本体は
 耐久性に抜群です。

*マイオトロンの性能は米国司法省NIJによって検査済みです。

*この驚異的性能は、国際政治経済誌「USニューズアンドワールドレポート誌」にも取り上げ
 られました。

http://www.body-guard.jp/kate/maio.htm

18: 名無しさん 2014/09/03(水) 05:38:43.86
英語圏だとアーミングソード
これが、ドイツ語⇒英語⇒日本語の順に訳すとナイトソードになるから間違いじゃない

19: 名無しさん 2014/09/15(月) 08:46:59.69
日本国内だけで考えても、槍の方が強い

20: 名無しさん 2014/09/15(月) 19:31:37.08
日本国内で考えても自動小銃の方が強いだろうw
なんせ、槍刀弓火縄銃とは違ってあらゆる状況・環境に対応でき一定以上の能力が発揮できるからな

火縄銃を上回る殺傷力に弓矢を超える連射性

21: 名無しさん 2014/09/15(月) 19:47:19.60
途中送信しちまったw

火縄銃を上回る破壊力
弓矢を超える連射性・
刀より長い間合いを持ちながら
槍より優れた傾向性&室内・山林などの閉所での取り回しの良さ

そもそも槍の方が強いのに弱い刀を持って行ったのは
近代以前の武器兵器は融通が利かねえからだし

37: 名無しさん 2014/11/25(火) 11:27:07.62
5mくらいの間合いから始めるんだったら毒塗った吹き矢

38: 名無しさん 2014/11/28(金) 15:31:42.84
火炎放射器
 e0184512_1123299

39: 名無しさん 2014/12/01(月) 14:03:14.85
>>38
ケンシロウ

40: 名無しさん 2014/12/03(水) 18:33:55.43
人は掘、人は石垣、人は城。
人そのものこそが最強の武器。
298832d7
http://windmoon-sunrise.blog.jp/tag/%E6%A0%BC%E8%A8%80
 

45: 名無しさん 2015/01/03(土) 22:07:29.37
背中に日本刀背負って、両手にサブマシンガンでOK
 

46: 名無しさん 2015/01/08(木) 08:40:41.60

51: 名無しさん 2015/04/27(月) 13:51:04.61
刀と槍では、どちらが有利ですか?
例えば素人同志、達人同志では?
槍は棒の部分を切られたら一巻の終わりと
自信満々で言ってた人がいました。
固定してるわけでもないのに切れます?

52: 名無しさん 2015/04/28(火) 10:38:13.26
簡単に柄を切られるようなことはないが、
槍は刀身より内に接近されると困難になる。
むしろ棒術のほうが展開はおもしろいかもしれない。

53: 名無しさん 2015/04/29(水) 01:59:05.22
運動場とかで足元見ずにバックステップし放題のところでやれば圧倒的に槍

55: 名無しさん 2015/05/12(火) 23:21:54.86
古刀がめっちゃ強いって本当なのかな?
本当だとしたらロマン溢れるな

56: 名無しさん 2015/05/16(土) 16:14:00.05
刀は5人くらい斬ると切れなくなるって話はどう?
2~3人と言う話もある。人の脂肪で切れなくなるとか?
仮に切れ味が落ちても刀を頭や腕に降り下ろされたら
死ぬか戦闘不能になると思うし、やはり切られたら
刃が深く入らないだけでただじゃすまないと思う。

57: 名無しさん 2015/05/16(土) 21:16:48.54
>>56
刃引きでも竹でも藁でも斬れるのが刀です。
でも布となる刃が丸くなってたら切れないかもです、逆に一部の欠けなら問題が無いと思います、でもね刃が丸くなってようが刃が欠けていようが切っ先が生きてれば布の上からでも問題なく人を斬り続けれるでしょうね。

58: 名無しさん 2015/05/16(土) 21:48:07.62
>>56 刀は戦闘用です。2~3人で切れなくなったら粗悪品です。
真剣を触ったことがある人ならわかるがかなり固いよ。
人間の肉じゃ刃こぼれはしない。
刃こぼれするのは刀どうしで打ち合った時。

59: 名無しさん 2015/05/16(土) 22:56:40.01
>>58
肉で刃こぼれはしないが骨を断ったら刃こぼれするぞ
腕一本飛ばせば普通に刃こぼれする

60: 名無しさん 2015/05/16(土) 23:00:59.14
あ、あと血脂の話の方は2~3人で切れ味は鈍るけど
着物の裾とかで拭いながら斬り続ける
懐に血を拭う用に半紙を持ち歩くやつも居たとか

61: 名無しさん 2015/05/17(日) 19:57:35.55
脂塗りたくって切断する実験とかだと容赦なく切れる
まあ人体じゃできんが

62: 名無しさん 2015/05/17(日) 21:00:06.87
だから剣術を習う。
腕を飛ばして刃こぼれするのは未熟。
日本刀は、強靭だよ。
festy
 

63: 名無しさん 2015/05/19(火) 09:13:36.36
素人ですが骨を切って刃こぼれするかどうかは
刀にも、よるんじゃないですか?
いわゆる名刀と言われる刀と、そうじゃない刀では違うんじゃ?
自分は、山刀で太めの木の枝を何度か切ったけど
あんなものでも特に刃こぼれはしませんでした。
因みに居合の先生を知ってるのですが、かなり刃こぼれした刀を
弟子に貸し与えてます。演武で巻藁や竹とか切るんですよね?
まさか骨を切ったとも思えないし。昔は切腹する人の首を切ったり
罪人を何人か重ねて刀の切れ味を試したとか言う話もありますね
 

64: 名無しさん 2015/05/19(火) 21:03:45.74
日本刀の刃は、意外と厚い。

65: 名無しさん 2015/05/19(火) 21:20:26.53
>>64
素人だけど細身と言うのもあったと思った。
全て同じ厚さではないんじゃ?

67: 名無しさん 2015/05/20(水) 01:13:34.14
以前、なんでも鑑定団で日本刀専門の鑑定士が
鑑定に出された刀を、これは細身ですねと言ってた記憶がある。
つまり、最初から細身の刀があるんじゃないの?
二刀流で使うにはいいのかもとか思ったりした。

68: 名無しさん 2015/05/20(水) 01:21:29.34
>>67
もちろん刀匠や作刀を依頼した者の好みもあるから細身はなんぼなんでもありまよ

69: 名無しさん 2015/05/21(木) 23:31:19.64
元寇を受けて頑丈さより切れ味重視に作りが変わってるのが面白い

70: 名無しさん 2015/05/22(金) 20:48:58.21
69
作る刀匠によって違うだろ。
同田貫とか頑丈だし切れ味もあるよ。
刀は頑丈だよ。

71: 名無しさん 2015/05/23(土) 01:17:04.60
靖国神社で小次郎の物干し竿のような刀見たことある。
成田山の美術館にも日本刀があるけど
神社仏閣で日本刀置いてるところがありますね。

78: 名無しさん 2015/05/31(日) 21:52:01.12
戦は平地だけではない。
槍は狭い場所では役に立たない。

80: 名無しさん 2015/06/02(火) 12:19:46.21
>>71
沢山あるが有名な所では熱田神宮の真柄太刀が一押し

81: 名無しさん 2015/06/03(水) 01:24:24.59
物干し竿みたいな刀欲しいけど、ちょっとなさそう。
仮にあってとしても、そうとう高いんでしょうね?
新たに、つくってもらうとしても高くつきそう。
知人に居合の先生いるけど、刀って警察とかに許可とれば
簡単に買えるものなんですか?

82: 名無しさん 2015/06/03(水) 16:26:09.85
>>81
肥後虎に注文すればよい。
大太刀も作ってくれるよ。

85: 名無しさん 2015/06/07(日) 11:42:55.78
日本刀(太刀)の大型化は、南北朝時代半ばでピークになるがそれ以降は縮小していく。

軍忠状の中の疵や手柄の報告は、下級兵士以外生存者の自己申告であり、受け手側・どちらか一方のの状態しかわからない場合が多い。

88: 名無しさん 2015/06/12(金) 05:23:44.57
剣道より薙刀が強い。
ガンダム<ゲルググさ

91: 名無しさん 2015/06/14(日) 22:28:35.57
>>88
それは、竹で出来た刀と竹で出来た薙刀で、ルールのある試合の場合のみ。
真剣では刀も薙刀も竹で出来た物同士での試合の様には素早く動かす事が出来ない。
この弊害は長い薙刀を持ってる方に、より大きく作用する。
その結果、薙刀の方は指を落とされて負ける傾向にある。
もちろん刀と槍との戦いも同じ。
1対1だと、鍔が常に手の近くにない長物は刀相手には不利。
それが実戦、それが現実。

93: 名無しさん 2015/06/20(土) 16:20:12.80
>>91
確かにそのとおり。
薙刀に勝つための技術はいろいろな剣術の流派に存在する。
懐に入られると薙刀は、不利になる。
https://www.youtube.com/watch?v=NumecwD2_50


90: 名無しさん 2015/06/13(土) 02:09:37.00
本身の薙刀相手にするならその薙刀よりちょっと長くて軽い槍が良さそう

92: 名無しさん 2015/06/14(日) 23:41:24.53
相手の指落としたけど土手っ腹貫かれましたにならんかな

96: 名無しさん 2015/08/20(木) 20:11:35.40
日本刀が技術がないと使えない。
ドシロウトでは、まず刀を抜くときに鞘割れしたり、手を切ったりする。
刃筋をタダして斬らないと全然斬れない。逆に刀が折れたり曲がったりする。
あと、刀の峰で受けたり、峰打ちしたりすると刀が簡単に折れるのは真剣斬りをする人の常識(時代劇の峰打ちはフィクション)。
 

97: 名無しさん 2015/08/20(木) 20:13:56.35
日本刀の峰で受けると刀が折れるので
峰ではなく鎬(しのぎ)で受ける技術がある人じゃないと日本刀は使えない。

98: 名無しさん 2015/08/22(土) 19:52:47.26
>>97
峰打ちすると折れる話はよく聞く。

外国の日本刀をつかった犯罪で腕が飛んだとかあるけど練習した人なのかな?

99: 名無しさん 2015/08/23(日) 14:49:50.34
日本刀は大きい包丁なんだよ。
人斬り包丁と言われるのはそういう事。
包丁の扱いには基本的な技術が必要なんだよ。
それを身に付けずに使うと折れたり曲がったりする。
技量不足を道具のせいにする人は下手なままで上達しないよ。

102: 名無しさん 2015/08/29(土) 18:53:19.43
祖父が戦争で中国に行った時、幅の広い中国刀を見たらしいが日本刀よりも
薄くて驚いたとか言ってたな。
見た目は怖いそうだが日本刀に比べて強度はいまいちだったらしい。

112: 名無しさん 2015/09/04(金) 13:58:26.40
なんで日本刀はいつも過小評価されるの?

3人斬ったら刃毀れするとか言ってる奴が多い気がする。

116: 名無しさん 2015/10/01(木) 20:10:54.00
>>112
刃こぼれじゃなく血脂でベタついて切れ味が鈍る
んで、連続斬りだと三~四人が限度ってことだよ
だから数人斬った後は懐紙や着物の裾で血脂を拭って
また斬り続けるのよ
200x200
 

118: 名無しさん 2015/10/03(土) 03:32:52.62
>>116
旧日本軍の兵士で剣術免許の知り合いが、
血脂は切れ味に影響しないと言っていた。

119: 名無しさん 2015/10/03(土) 05:31:51.18
>>116>>118
そもそも、言いだしっぺの山本七平は
実際に三人しか切れなかったんじゃなくて
死体切断の感想なんだよなあ…

骨で刃こぼれだの、血脂でで切れ味がーだのって
あとあとから部外者がとってつけたもんだし

切れ味に影響があるとしても、数人で切れなくなるとはまた別の話なんだよ。
話としては実は繋がっていない

135: 名無しさん 2016/09/09(金) 11:14:58.58
>>116
これも面白い

刀で肉塊4体まとめて輪切り(5分辺りから)
http://www.youtube.com/watch?v=k8qQZLtIuiA


117: 名無しさん 2015/10/01(木) 21:30:46.89
相手が抵抗してくるなら自分が戦闘不能になる・横槍が入るリスクを考慮すりゃ
刺そうが斬ろうが3~4人でも充分だろ

125: 名無しさん 2016/07/18(月) 22:37:05.30
単純に日本刀の上位互換なのは興亜一心・満鉄刀とかの科学的にアプローチで作られた刀だろうね
マイナス40度の冷蔵庫で一晩放置し、凍り付いた状態で鉄の作業台に思いっきり叩きつけても
刃こぼれ、刃切れ無しってやべーだろ
鉄斬りをやれる日本刀は色々あるけどこのマイナス40度凍結後に叩きつけは
耐えられる日本刀は存在しないのでは?

127: 名無しさん 2016/08/29(月) 16:28:15.16
実際にはいきなり駆け込んできて襲撃したりそんな順番通りにはいかなかったようで
リーチの長さも乱戦では逆に仇となって刀に切りはらわれることも報告されている
杓子定規な考えでは負けるんだろうね

フロイス『日本史』
・土佐の鉄砲隊は味方から全面的に期待をかけられていながら
鉄砲を発射する時間も場所もないほどであった。というのは、
薩摩軍は太刀をふりかざし弓をもって、猛烈な勢いで来襲し、
鉄砲など目にもくれなかったからである。

・彼我の戦備は極度にちぐはぐであった。すなわち隆信勢は多数の鉄砲を
有していたが弓の数は少なく、長槍と短い太刀を持っていたのに反し、
薩摩勢は鉄砲の数が少なかったが多くの弓を持ち、短い槍と非常に
長い太刀を備えていた。
・そして戦闘が開始された。それは熾烈をきわめ、両軍とも槍を構える暇もなく、
手当たり次第に刀で相手の槍を切り払った。薩摩勢は、敵の槍など
眼中にないかのように、その(真只)中に身を投じ、鉄砲も弾を込める
間がないので射つのをやめてしまった。

143: 名無しさん 2016/10/16(日) 14:22:47.89
平野での会戦では弓、長柄の補助でしかない刀剣も
見せしめの処刑から暗殺、護身にケンカ用
強盗など
平時戦時含め生活上、使用する機会が他武器より多かったからこそ神格化されたんだろう。
hqdefault
 

144: 名無しさん 2016/10/16(日) 18:58:24.44
アメリカの拳銃みたいな感じなんだろな。
威力はアサルトライフルの方が強いけど日常持ち歩くもんじゃないし。

引用元: ・http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/jyudo/1406961705/