格闘技ごった煮速報

格闘技、プロレスの話題を中心に、トレーニングや格闘技を題材とした漫画、ゲームに関する2chスレッドを紹介するコピペブログです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/01/01(月) 12:18:56.92 _USER9
    プロレス界のレジェンド、藤波辰爾(63)が1日、
    スポーツ報知の新春インタビューに応じ、
    “格闘王”前田日明(58)の現役復帰を呼びかけた。

    デビュー45周年記念イヤーの昨年は主宰する「ドラディション」にベイダー(62)、ミル・マスカラス(75)の海外のレジェンドレスラーを参戦させた藤波。
    「必ず前田をリングに上げる」と格闘レジェンドを招聘する決意を明らかにした。

    ◆「変なこだわりを捨てて上がって欲しい」
    藤波の初夢は、前田の現役復帰だった。
    「今年は、前田日明、あいつをリングに上げます」 強い覚悟で断言した。

    前田は、1999年2月21日、横浜アリーナでアレクサンダー・カレリンとの試合で引退した。現在は、格闘技大会「THE OUTSIDER」を主宰。
    さらに今年はヘビー級の新たな格闘技大会を開催する方針を掲げている。

    「これまで復帰を要請したことはありません。ただ、前田には、いつも会うと“やれよ。リングシューズ持ってきたか”っていうんですよ。
    そうすると彼はまんざらではない様子なんですね。
    一度、引退したから、これだけリングに上がることが空いちゃうと不安もあるでしょう。
    あと、変にファンから裏切りとか言われることを気にしている。でも、ボクは前田がリングに上がることでガッカリするファンはいないと思うんですよ。
    変なこだわりを捨てて上がって欲しい」

    前田が上がれば、86年6月の大流血戦となった伝説の大阪城ホールでの藤波との再戦、さらには長州力(66)との因縁対決、
    藤原喜明(68)とのUWF再結成など「金曜8時」に熱狂した昭和のプロレスファンにとって限りない夢が広がる。
    「これは、リップサービスじゃなくていつも彼に言っていることなんです」

    前田参戦へ藤波は本気で動くという。また、ベイダー、マスカラスに続く海外のレジェンド招聘にも意欲を見せた。

    「ファンからの声で一番は、ボブ・バックランドが多いんですね。あとマスクド・スーパースター、エル・カネックも多い。
    カネックは今も元気でリングに上がれる体をしているらしいです」

    エル・カネック(65)とはジュニア時代に抗争を展開。中でも1978年3月30日に蔵前国技館で藤波との対戦が予定されていたが独断で帰国。
    「敵前逃亡事件」として今も語り継がれている。

    「この前、ファンから言われたんです。“藤波さん、知ってますか?来年、蔵前での敵前逃亡から40年ですよ”って。
    こっちも記憶にないことをファンは覚えているんですね。敵前逃亡を今のファンが知っているのかどうかはともかく、
    そのファンは、自分のためにかなえてくれということだと思うんですね。ありがたいことです」

    今年は敵前逃亡から40年。長い時を経た決着戦にも興味を見せた。
    今年も「ドラディション」は4月と10月にツアーを開催する予定。さらに新たな動きも意欲を見せる。(以下略)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00010000-spht-fight 

    20180101-00010000-spht-000-1-view

    【【プロレス】藤波辰爾、前田日明の現役復帰へ動くことを断言「今年はあいつをリングに上げます」 】の続きを読む
     
          
    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/01/04(木) 15:11:34.37 _USER9
    プロボクシングの元ヘビー級王者マイク・タイソン氏(51)が、医療用マリフアナの農園経営者になろうとしているという。
    AP通信が2日に伝えた。

    タイソン氏は昨年12月、米国のカリフォルニア州にある東京ドーム約3・5個分という広さの農園予定地を訪れ、
    ビジネスパートナーとともに砂漠化した土地を耕したとのこと。同パートナーのウェブサイトには、「未開の土地が耕され、
    タイソン農園というオアシスになる」と綴られている。

    同地の市長も「医療用のマリフアナが必要としている人々の手に渡り、市民の雇用拡大にもつながる」とコメント。
    タイソン氏らが手掛ける農園事業を歓迎しているそうだ。
    20180104-00000108-spnannex-000-1-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000108-spnannex-fight

    【【ボクシング】マイク・タイソン氏 医療用マリフアナの農園経営者に 「未開の土地が耕され、タイソン農園というオアシスになる」 】の続きを読む 
          
    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/01/03(水) 20:37:06.67 0
    https://www.youtube.com/watch?v=IbSCPWhsKUM



    ジャック・デンプシー VS ジェス・ウィラード  (1919年)

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%B8%E3%A3%E3%83%E3%AF%E3%BB%E3%87%E3%B3%E3%97%E3%B7%E3%BC

    トレドの惨劇[編集]
    1919年7月4日、年初からの5連続初回KO勝利で勢いに乗るデンプシーは、ジェス・ウィラードの持つ世界タイトルに初挑戦する。
    ウィラードは黒人初の世界ヘビー級王者ジャック・ジョンソンを破ったことにより国民的英雄との誉れを受けていた。
    デンプシーが試合開始の数分前、初回KOで勝たなければファイトマネーはないとカーンズに告げられたことから、この試合の初回は「トレドの惨劇」と呼ばれ、ボクシング史上最も凄惨な戦いのひとつとなった。
    デンプシーは2m近い体躯のウィラードを徹底的に殴り続け、初回に7度ものダウンを奪う。
    当時のルールでは対戦者がダウンしてもニュートラルコーナーには下がらずに間近で待ち、両膝がマットを離れるとすぐにまた攻撃を仕掛けることができた。
    7度奪ったダウンのうちの何度かは、ウィラードが立ち上がろうとしていたときに追撃して奪ったものである。レフェリーはラウンド終了のゴングまでは試合を止めないというスタンスであった。
    最終的に試合はチャンピオンのウィラードが4回開始のゴングに応じられず3回終了TKOでデンプシーの勝利となったが、デンプシーにこの試合のファイトマネーが支払われることはなかった。
    一方のウィラードは顎を7か所も砕かれた上、肋骨、頬骨、歯を数本折られ、さらには片耳の聴力が著しく低下してしまった。

    晴れて世界王者となったデンプシーだったが、国民的英雄であったウィラードに勝利してしまったことと、そのときの余りにも獰猛で凶暴な試合ぶりからアンチヒーローとのレッテルを貼られてしまう。

    【【動画アリ】100年前のボクシングがあまりにも凄惨すぎてワイビビる 1R7回のダウンでも試合を止めず、顎、肋骨、頬骨、歯、耳を砕く 】の続きを読む 
          
    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!

    このページのトップヘ