格闘技ごった煮速報

格闘技、プロレスの話題を中心に、トレーニングや格闘技を題材とした漫画、ゲームに関する2chスレッドを紹介するコピペブログです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/02/12(日) 15:18:15.17 _USER9
    UFC世界女子フェザー級王座決定戦/5分5R>
    ×ホーリー・ホルム(米国/※女子バンタム級2位)
    ○ジャーメイン・デランダミー(オランダ/※女子バンタム級10位)
    (5R終了 判定 0-3)

    <ミドル級/5分3R>
    ○アンデウソン・シウバ(ブラジル/7位)
    ×デレック・ブルンソン(米国/8位)
    (3R終了 判定 3-0)

    <ミドル級/5分3R>
    ○ジャカレ・ソウザ(ブラジル/3位)
    ×ティム・ボッシュ(米国/13位)
    (1R 3分41秒 キムラ・アームロック)

    <ライトヘビー級/5分3R>
    ○グローバー・テイシェイラ(ブラジル/3位)
    ×ジャレッド・キャノニア(米国/15位)
    (3R終了 判定 3-0)

    <ライト級/5分3R>
    ○ダスティン・ポイエー(米国/10位)
    ×ジム・ミラー(米国)
    (3R終了 判定 2-0)

    <ウェルター級/5分3R>
    ×ランディ・ブラウン(ジャマイカ)
    ○ベラ・マハメッド(米国)
    (3R終了 判定 0-3)

    <フライ級/5分3R>
    ○ウィルソン・ヘイス(ブラジル/5位)
    ×佐々木憂流迦(日本)
    (3R終了 判定 3-0)

    <ライト級/5分3R>
    ×ニック・レンツ(米国)
    ○イスラン・マカチェフ(ロシア)
    (3R終了 判定 0-3)

    <フェザー級/5分3R>
    ×フィリップ・ノヴァー (米国)
    ○リック・グレン(米国)
    (3R終了 判定 1-2)

    <ウェルター級/5分3R>
    ○ライアン・ラフレアー(米国)
    ×ホアン・ジュカオン・カルネイロ(ブラジル)
    (3R終了 判定 3-0)

    http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/fight_all/7271

    【【格闘技】ジャーメイン・デランダミーがホーリー・ホルムを下し、初代UFC女子世界フェザー級王者に=UFC208】の続きを読む
     
          
    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/02/11(土) 17:54:13.05 _USER9
    こんにちは。青木真也です。
    表の寝業師です。前回の記事は『格闘技選手は儲かるのか』のテーマで展開しました。アクセスが上がる「カネ」の話です。
    前回がカネと来たので今回は『女性』です。
    「格闘技選手はモテるのか」のテーマで展開させて頂きますので、一つよろしくお願いします。

    格闘技選手がモテるかどうかは個々の選手、関係者で解釈が分かれるのですが、青木真也の論でお届けいたします。格闘技選手はモテます。これは断言します。

    僕、個人では33歳になって、家族も持っていますので『モテるゼ!グへへ!』みたいなことは無いのですが、格闘技選手はモテます。
    僕が独身で格闘技選手をしていた時期(7年以上前です)はテレビの地上波放送もあって、まだ国内の格闘技が良かった時代です。
    時代が良かったのか、自分の気合いが入っていたのか、モテました。
    大きな試合で活躍すると美人ギャルから「キャーステキ!」とお声掛け頂くことが多かったです。
    普通に口説いたら二桁万円掛かるであろう美人ギャルをスタバで口説き落として「忙しいんで帰りまーす」なんてこともできました。
    今思い返すともったいないことをしました。

    しかし、ここでの「モテる」とは彼氏彼女までなのです。
    波打ち際でジャブジャブ遊ぶのは良くても、大航海に一緒に出ようとなると格闘技選手という船は安定性に欠けるので、踏みとどまる方が多いです。
    極めて冷静で懸命な判断だと思います。
    格闘技選手をパートナーに選ぶ時は「覚悟」持参でお願いします。

    格闘技選手に限らず、自分の才能を使って自分で生きてる人が魅力的なのは十分に分かります。
    これは職種、勤務体系を問わず、自分がやりたい事を一生懸命にやってる人は魅力があります。
    必至に過激に生きてる人が魅力を発しないわけがないのです。
    僕が惹かれる人は男性女性問わず『気合いの入ってる』人です。

    格闘技選手だから「モテる」のでは無く必死に生きているからモテるのです。
    一生懸命に今ある仕事をコツコツやっていけば、モテます。
    「デート必勝法」的な本を読む必要も無いし、ハイクラスのホテルで口説く必要も無い。
    圧倒的な個の力を身につければいい。それで付いて来ないのならば自分には合わないのであって、その場が上手くいっても、あとでダメになるだろう。

    日々、目の前にある事を、一生懸命にやろう。
    一生懸命生きよう。特別な事やかっこいい事はしなくて良いので日々をコツコツ生きるとしよう。良い人生送ろうぜ!

    ※追伸

    あわよくばまたモテると良いなあ。男の子はいつまでも男の子です

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00010003-abema-fight
    AbemaTIMES 2/11(土) 15:00配信

    20170211-00010003-abema-000-1-view

    https://amd.c.yimg.jp/im_siggJse4H2y6g7oAFu6_YAmJ7Q---x300-y400-q90/amd/20170211-00010003-abema-000-1-view.jpg

    https://www.youtube.com/watch?v=fbfNU8ucD68


    青木vs廣田

    【【格闘技】「格闘技選手」はモテるのか? 総合格闘家・青木真也に聞いてみた】の続きを読む 
          
    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/02/12(日) 11:56:08.99 _USER9
    1970年代から日米で活躍した米プロレスラーのチャボ・ゲレロさんが
    亡くなったことが12日に分かった。
    息子のプロレスラー、チャボ・ゲレロ・ジュニアが自身のインスタグラムで公表した。
    68歳だった。

    チャボ・ゲレロ・ジュニアはインスタグラムに父の若き日の画像を掲載し、
    「RIP 1949―2017」と追悼。
    今年1月に肝臓がんと診断されていたことを明かし、
    「今日はゲレロファミリーにとって悲しい日」とつづった。

    チャボ・ゲレロさんは70年に米でデビュー後、75年に全日本プロレスに初来日し、
    その後、新日本などにも参戦。
    NWA世界ジュニアヘビー級王座、
    同インターナショナル・ジュニアヘビー級王座など数々のベルトを獲得した。
    日本のマットでは主にジュニア戦線で藤波辰爾(63)、
    大仁田厚(59)らと熱戦を繰り広げた。

    プロレスの名門一家の出身で、マンド・ゲレロ(64)、ヘクター・ゲレロ(62)、
    2005年に亡くなったエディ・ゲレロさん
    (享年38)は弟。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000101-spnannex-fight
    20170212-00000101-spnannex-000-1-view

    【【訃報】日米で活躍のプロレスラー、チャボ・ゲレロさん死去】の続きを読む 
          
    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!

    このページのトップヘ