格闘技ごった煮速報

格闘技、プロレスの話題を中心に、トレーニングや格闘技を題材とした漫画、ゲームに関する2chスレッドを紹介するコピペブログです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    引用 おーぷん2ちゃんねる



    1: 名無しさん@おーぷん 2015/06/15(月)19:58:35 ID:qf6
    候補はボクシング、キックボクシング、日本拳法
    ボクシングかキックボクシングならプロ資格、日拳なら黒帯は取りたいと思ってる
    ただボクシングの場合パンチドランカー?ってのが怖いと思ってる、どんくらいでなっちゃうものなの?
    空道とかブラジリアン柔術も良いなと思ったけど黒帯取得までモチベが持たなさそう

    何かアドバイスとかよろしくお願いします

    【格闘技始めたいと思ってるんだけどさ (再掲載)】の続きを読む
     
          
    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/18(金) 16:15:37.58 _USER9
    かつて前田日明と新日本プロレスで異種格闘技戦を戦い、
    日本の総合格闘技ブームのルーツとなった、
    日系三世の元キックボクサー、ドン・中矢・ニールセン(米国)が
    8月15日、バンコクにて亡くなった。57歳だった。

    死因について、弟のジョン・ニールセンに取材をしたところ
    「脚が感染症にかかって、それが非常に悪化したんです。
    血液に毒素が入って腎不全になってしまいました。
    それで脚の手術を受けたのですが、手術中に心臓発作が起こって
    昏睡状態となり、再び心臓発作を起こして亡くなりました」
    とのこと。 

    ニールセンは1986年10月9日に両国国技館で前田と対戦し、激闘の末、
    5R逆片エビ固めで一本負けしたが、
    この一戦で前田は“新・格闘王”と呼ばれることになり、
    その後、立ち上げた新生UWFが一大ブームを巻き起こした。
    前田戦後は、藤原喜明や山田恵一と対戦してKO勝ち。
    佐竹雅昭とも激闘を繰り広げ、佐竹もこのニールセン戦を
    きっかけにスターとなった。

    1993年に、ニールセンは選手を引退。引退後は
    タイのバンコクでカイロプラクティック院を開いて活動。
    多くの人を癒してきた。

    昨年も親戚を訪ねて日本を訪れていたニールセン。
    「いつか前田にも会いたいね」と話していただけに、
    今回の逝去は残念でならない。
    弟のジョン氏は「兄は日本で前田と闘ったことで素晴らしい体験ができた。
    日本のファンをとても愛していた。
    このことを日本のファンのみなさんに伝えてください」
    とメッセージを送った。(文・稲垣収、写真・ゴング格闘技)

    イーファイト 2017/08/18(金)
    http://efight.jp/news-20170818_266031

    【【訃報】ドン中矢ニールセンさん死去】の続きを読む 
          
    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ※91年、スト2の登場によって格闘ゲームというジャンルが確立されてから
    2年後の93年にバーチャファイターは世に出ました。
    スト2の衝撃とはまた違い、バーチャファイターがプレイヤーに見せ、感じさせてくれた
    ものは単純なゲームとしての凄さを超えた「未来」であった様な気がします。
    ドットで作られたキャラではなく、ポリゴンのキャラが動き回る
    光景は、それまでの既存のゲームとは一線を画し、ゲームそのもののあり方を変える新時代の
    到来を予感させるものでした。
    今、改めて振り返ると、当時未来を見せてくれた光景は随分と古臭さを感じる様に
    なってしまいましたが、それだけゲームという娯楽産業が発展したのでしょう。


    x07-05



    1: 名無しさん 2017/06/18(日) 23:03:30.30 0
    3Dポリゴンを初めて見たときは衝撃的だった

    【バーチャファイターが発売されたときの衝撃は凄かったよな】の続きを読む 
          
    スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!

    このページのトップヘ